雑記。

ロケットリーグのアップデート情報などをまとめてます。※趣味でやってるので責任はとれません Twitter: @00yuuu00RL

APL Nationals 大会ルール(1-5)

英語大会ルールはこちら

この記事では大会ルールの1章から5章のみを記載しています。大会に参加される際には一度英語記事を隅々までお読みください。何か疑問点がある場合は大会公式ディスコードサーバーの該当するチャンネルでご質問ください。

APL 公式ディスコードサーバーはこちら

重要事項

  1. このルールブックは、チーム、ゲーム内ルール、行動規範など、ゲームに関連するすべてのルールを網羅しています。
  2. APL Esports運営チームは、大会の完全性を確保するために、このルールブックをいつでも変更する権利を有する。変更があった場合、選手とチームにはEメールで通知されます。
  3. これらのルールセットは「APL Nationals」にのみ適用されます。いかなる状況下においても、チーム、選手、第三者による複製は禁止されています。
  4. 対象となる国。

 ・インド

 ・インドネシア

 ・日本

 ・サウジアラビア

 ・シンガポール

 

1.0 トーナメント情報

1.1 スケジュール

1.1.1 登録は2月13日に開始され、各国の予選開始24時間前まで受け付けています。

1.1.2 予選会は以下の日程で行われます。

日付

インド

・4月10日

インドネシア

・3月21日

日本

・予選1- 3月13日

・最終予選- 3月20日

サウジアラビア

・予選1- 3月12日

・最終予選- 3月19日

シンガポール

・3月7日

 

1.1.3 決勝戦は以下の日程で行われます。

日付

インド

・4月11日

インドネシア

・3月28日

日本

・DAY 1- 3月27日

・DAY 2- 4月3日

サウジアラビア

・DAY1- 3月26日

・DAY 2- 4月2日

シンガポール

・3月14日

1.2 チームロースター

1.2.1 最小チーム人数は3名とします。

1.2.2 最大チーム人数は4名とします。

1.2.3 チームに所属するすべてのプレイヤーは、同じホームカントリーの者でなければなりません(「用語集」を参照のこと)。

1.2.4 チームは、それぞれのホームカントリーのオープン予選にのみ参加することができます。

1.2.5 プレイヤーは、そのチームが参加する日の時点で年齢が15歳以上でなければなりません。

このルールに従わなかった場合、チーム全体が失格となります。このルールに従わない場合は、チーム全体が失格となります。

1.2.6 選手は、チームを代表して全ての公式決定を行い、チームの主要な連絡窓口となる「チームキャプテン」をロースターの中から1名指名し、それを宣言しなければなりません。

1.2.7 サインアップ終了後のロースター変更は認められません。

1.3 一般参加資格

1.3.1 プレイヤーはトーナメント(APL Nationals)を通して1チームのみでプレイ可能です

1.3.2 トーナメントは全て、チームで構成されています。プレイヤーは、少なくとも3人の個人プレイヤーで構成されるチームを構成しなければならず、各チーム4人を超えてはいけません

1.3.3 チームは、参加資格のある国(インド、インドネシア、日本、サウジアラビアシンガポール) の個人選手で構成されていなければなりません。

1.3.4 公開予選会は、対象国の予選開始時までに15歳以上の年齢に達している合法的な居住者であれば誰でも参加できます。(対象地域の完全なリストについては用語集に記載されている「対象国」を参照のこと)

1.3.5プレイヤーは、https://aplesports.com/Nationals にある登録ページからトーナメントのメンバーとして登録し、登録機能に応じてタイトルゲームで使用するゲーマータグやその他の名前を共有するか、ユーザー名(どちらにせよ”User Name”)を選択する必要があります。各プレイヤーは、トーナメントの後半にプレイヤー名が公開されるまでは、本名ではなくユーザー名で公に通知されるものとします。各プレイヤーは、ユーザー名、チーム名、ロゴが他の個人や団体の商標、著作権パブリシティ権、その他の知的財産権やその他の権利を侵害したり、侵害したりしないことを表明し、保証するものとし、その他の場合はセクション7.0に記載されている行動規範を遵守するものとします。

1.3.6 未成年者であるプレイヤーがトーナメントに参加するには、親または法定後見人の署名が必要であり、トーナメント主催者は、未成年者が親または法定後見人から参加許可を得ていることを証明する追加の証明を要求することができるものとします。この追加証拠の形式は、トーナメント主催者が独自の判断で決定します。トーナメントは参加資格エリア外および法律で禁止されている場所では無効とします。

1.3.7 チームのオーナー、マネージャー、またはチームが法人によって所有されている場合、その法人の親会社、子会社、関連会社は、トーナメントの参加資格エリア内で複数のチームを直接(所有権など)または間接的(契約上の取り決めなど)に所有または管理することができないものとします。

1.3.8  1.3.7にあるように、あるチームのメンバーやオーナー、またはそのチームが

他のチームや組織のためにプレイしたり、他のチームや組織に関与したりすることはできません。

1.3.9 選手は、「7.0行動規範」のすべての点を遵守しなければなりません。

1.3.10 1.3.7に違反していると判断されたチーム、またはスポーツ(Esportsを含む)のギャンブル、賭け、ブックメイキング、ベッティングサイトやプラットフォームを運営する個人および/または事業体が直接または間接的に所有または管理しているとAPL Esportsが直接判断したチームは、本大会に参加する資格がありません。

1.3.11 APL Esportsは、トーナメント中、特定の試合やフェーズへの参加条件として、プレイヤーやチームに「ウィナーフォーム」の提出を要求することがありますので注意してください。

1.4 トーナメントへの参加方法

トーナメントへの参加を申し込むには、https://aplesports.com/Nationals にアクセスし、プレイヤーまたはチームとしての登録方法についての指示に従ってください。あなたの登録情報は、https://smash.gg/about/privacy に掲載されているプライバシーポリシーに従って収集・使用されます。また、そこに反する記載がある場合でも、そのような情報は、https://aplesports.com/Nationals に掲載されているプライバシーポリシーおよび利用規約(以下「APL Esportsポリシー」)に従ってAPL Esportsによって使用され、これを参照することによって援用されます。トーナメントに参加することにより、APL Esports ポリシーを読み、理解し、拘束されることに同意し、認めたものとします。

 

トーナメントに参加する前にAPL Esportsポリシーをよく読んでください。本公式ルールの条項とAPL Esportsポリシーの条項に矛盾が生じた場合、本公式ルールの条項が優先して適用されるものとします。APL Esportsポリシーに反する規定がある場合でも、APL Esportsはプレイヤーの情報をトーナメント参加者と共有することがあり、トーナメント参加者はトーナメントに関連した任務と機能を遂行するために必要な範囲で当該情報を使用するものとします。

 

各予選の登録は、予選開始の24時間前に締め切ります。

2.0 オンラインインフォメーション

2.1 オープン予選

2.1.1 オープン予選は以下の日程で行われます

日付

インド

・4月10日

インドネシア

・3月21日

日本

・予選1- 3月13日

・最終予選- 3月20日

サウジアラビア

・予選1- 3月12日

・最終予選- 3月19日

シンガポール

・3月7日

 

2.1.2 日本とサウジアラビア向けオープン予選

日本とサウジアラビアには2つのオープン予選があり、チームは1つの国の両方の予選に出場することができ、1つ目の予選で敗退したチーム/選手は、同じ国のラストチャンス予選に出場することができます。

各オープン予選はダブルエリミネーション方式で、ウィナーズラウンドオブ32と敗者ラウンドオブ16までの試合はベストオブ3、それ以外の試合はベストオブ5となります。

第1次予選を通過した4チームが決勝トーナメントに進出する。

最終予選を通過した2チームが決勝戦への出場権を得る。

2.1.3 インド、インドネシアシンガポール向けオープン予選

              インド、インドネシアシンガポールのオープン予選は1回行われる。

各オープン予選はダブルエリミネーション方式で、勝者のラウンドオブ32と敗者のラウンドオブ16までの試合はベストオブ3、それ以外の試合はベストオブ5となります。

4チームがオープン予選から決勝戦への出場権を獲得します。

2.1.4  チームはチェックイン開始から15分以内にsmash.ggロビーで対戦相手と連絡を取り、試合を開始することができます。試合を開始しなかった場合、または意図的に試合を遅らせた場合は、即刻棄権となります。

2.1.5  両チームともに試合後の得点が正しいことを確認する責任があります。

2.1.6 シードはトーナメント主催者の裁量で行われる。

2.1.7 マウスやキーボードを含む標準的なコントローラはすべて利用可能です。マクロ機能(ターボボタンなど)は使用できません。

2.2 決勝

2.2.1 決勝は以下の日付で行われます

日付

インド

・4月11日

インドネシア

・3月28日

日本

・DAY 1- 3月27日

・DAY 2- 4月3日

サウジアラビア

・DAY1- 3月26日

・DAY 2- 4月2日

シンガポール

・3月14日

 

2.2.2 両チームともに試合後の得点が正しいことを確認する責任があります。

2.2.3 日本とサウジアラビア向け決勝

各国の決勝は、2つの4チームによるダブルエリミネーショングループでスタートします。グループステージの試合はすべてベストオブ5で行われます。各グループの上位2チームがダブルエリミネーションプレーオフ・ブラケットへの出場権を獲得します。

プレーオフの試合はすべてベストオブ7で行われ、下位ブラケットのチームが最初のシリーズに勝利した場合は、ブラケットのリセットを含むグランドファイナルが行われます。

2.2.4 インドネシアシンガポール向け決勝

              各国の決勝は4チームダブルエリミネーション方式で行われます。

全ての試合はベストオブ5とし、グランドファイナルはベストオブ7とし、勝者の決勝進出チームにゲームアドバンテージが与えられます。

2.2.6 インド向け決勝

インドでの決勝戦は、4チームのシングルエリミネーション方式を採用しています。

グランドファイナルはベストオブ7となりますが、それ以外の試合はすべてベストオブ5となります。

2.2.6 マウスやキーボードを含む標準的なコントローラはすべて利用可能です。マクロ機能(ターボボタンなど)は使用できません。

2.2.7 すべての「決勝」の決定は、トーナメント主催者の裁量に委ねられます。

2.3 賞金内訳

2.2.1 賞金総額は25,000米ドルです。内訳は以下の通りです:

 ・ サウジに8,000ドル、日本に8,000ドル分配されます

順位

賞金

1位

4,000ドル

2位

2,500ドル

3位

1,000ドル

4位

500ドル

 

・ シンガポールに3,500ドル、インドネシアに3,500ドル分配されます

順位

賞金

1位

2,000ドル

2位

900ドル

3位

450ドル

4位

150ドル

 

 ・インドに2,000ドル

順位

賞金

1位

1,500ドル

2位

500ドル

3.0 マッチセッティング

3.1 予選ゲームセッティング

3.1.1 すべての試合は最新版のRocket Leagueで以下の設定で行われます。

 ・デフォルトエリア:DFHスタジアム

 ・チームサイズ:3v3

 ・ボット難易度:ボットなし

 ・ミューテーター:なし

 ・試合時間:5分

 ・参加形式:名前/パスワード

 ・プラットフォーム:: PC, PS4, XBOX, SWITCH, EPIC

 ・デフォルトサーバー:

              ○ インド – Asia Maritime

              ○ インドネシア - Asia Maritime

              ○ 日本 - Asia East

              ○ サウジアラビア - Middle East

              ○ シンガポール - Asia Maritime

○ 両チームが別のサーバーリージョンでプレイすることに同意した場合は、別のサーバーリージョンでプレイすることができます。この合意は、Smashのロビーチャットまたはゲーム内チャットで行う必要があります。衝突があった場合に、この同意の文言のスクリーンショットが解決するために必要です。

3.2 決勝ゲームセッティング

3.2.1 すべての試合は最新版のRocket Leagueで以下の設定で行われます。

・デフォルトエリア:DFHスタジアム

 ・チームサイズ:3v3

 ・ボット難易度:ボットなし

 ・ミューテーター:なし

 ・試合時間:5分

 ・参加形式:名前/パスワード

 ・プラットフォーム:: PC, PS4, XBOX, SWITCH, EPIC

 ・デフォルトサーバー:

              ○ インド – Asia Maritime

              ○ インドネシア - Asia Maritime

              ○ 日本 - Asia East

              ○ サウジアラビア - Middle East

              ○ シンガポール - Asia Maritime

○ 両チームが別のサーバーリージョンでプレイすることに同意した場合は、別のサーバーリージョンでプレイすることができます。この合意は、Smashのロビーチャットまたはゲーム内チャットで行う必要があります。衝突があった場合に、この同意の文言のスクリーンショットが解決するために必要です。

3.3 アリーナプール

3.3.1 オープン予選と決勝では、すべての試合はトーナメント主催者の裁量により、以下に記載されたアリーナで行われる。決勝戦では、試合開始時刻の24時間前までにトーナメント主催者に詳細な要請があれば、チームはパフォーマンスの問題から対象となるアリーナを避けることができる。トーナメント主催者は、その裁量でリクエストを拒否する権利を有する。

  • Aquadome
  • Beckwith Park
  • Beckwith Park (Stormy)
  • Beckwith Park (Midnight)
  • Champions Field
  • Champions Field (Day)
  • DFH Stadium (Day)
  • DFH Stadium
  • DFH Stadium (Stormy)
  • Forbidden Temple (Standard)
  • Mannfield
  • Mannfield (Night)
  • Mannfield (Snowy)
  • Mannfield (Stormy)
  • Neo Tokyo
  • Salty Shores (Night)
  • Starbase ARC
  • Urban Central
  • Urban Central (Dawn)
  • Urban Central (Night)
  • Utopia Coliseum
  • Utopia Coliseum (Dusk)
  • Utopia Coliseum (Snowy)
  • Wasteland
  • Wasteland (Night)

4.0 一般試合プロトコル

4.1 マッチ入室

4.1.1 試合開始時には、Smash GGの指示により、該当する試合の詳細が割り振られます。チームはSmash GGまたは大会運営者の指示に従うものとします。

(a) 各チームから3名のプレイヤーが試合に参加するまでは、指定されたサイドに参加することはできません。

(b) 試合開始時間から10分以内に3名のプレイヤーの準備ができていないチームは、試合没収を含むペナルティーの対象となります。

(c) 放送されている試合中は、管理者の指示があるまでピッチに入ってはいけません。

4.2 再ホスト

4.2.1 試合の合間に、接続の問題により、チームは同じサーバーリージョンでの再ホストを要求することができます。

4.3 スコア報告

4.3.1 マッチが完了した後、両チームともマッチ結果をSmash GGまたはトーナメント管理者に提出しなければなりません。結果に相違があった場合のために、結果画面のスクリーンショットを撮るか、試合のリプレイをすることを強くお勧めします。

(a) チームが勝利を主張して試合に異議を唱え、その証拠を提出した場合、相手チームは試合の自動没収を避けるために自分の主張の証拠を提出しなければならない。

(b) 虚偽の結果を提出していたチームやプレイヤーは、トーナメントや今後のAPL Esportsトーナメントから永久に追放されます。

4.4 テクニカルポーズ

4.4.1 配信されていない予選の試合 - 試合中にネットワークや技術的な問題が発生した場合、チームはその試合の試合終了後5分間の一時停止時間を取ることができ、問題を解決するか、登録されているメンバーと交代することができます。

(a) 5分以内に解決できなかった場合は、次の試合から失格となります。その後、そのチームには問題を解決するための5分間の時間が与えられます。この5分間で問題を解決できなかった場合、そのチームはそのシリーズから失格となります.

4.4.2 配信されている予選マッチとすべての決勝- 試合中にネットワークや技術的な問題が発生した場合、チームメンバーは全体チャットでその問題を報告しなければならず、ゲーム内のモデレーターは試合を一時停止します。

(a) 全体チャットメッセージがゴール前の場合、非一時停止時の試合は前のキックオフタイムスタンプから継続され、ゴールは得点されなかったものとみなされます。

(b) 全体チャットメッセージがゴール後の場合は、試合はその後のキックオフから継続されます。
(c) 10分以内に問題を解決できなかった場合は、次のような措置がとられます 。現在一時停止中のゲームからの失格。その後、チームにはさらに5分間の 問題の修正を試みることができる時間が与えられます。この時間内に問題を修正できない場合 、チームはシリーズから失格となります。

4.4.3配信される予選マッチとすべての決勝- 試合中にサーバーがダウンした場合、その試合のために新しいサーバーが再作成され、その試合は最新のスコアライン(前のサーバーがダウンした時点でAPLのモデレーターが判断)で最新のキックオフのタイムスタンプから続行されます。

4.5 試合のリスタート

4.5.1 配信されていない予選の試合 - 試合開始1分以内にプレイヤーに技術的な問題が発生し、得点が入っていない場合は、試合をリスタートするものとします。

4.5.2 配信されていない予選の試合 - 試合中にプレイヤーが技術的な困難に陥った場合で、試合が1分以上経過または得点後である場合、結果に関係なく試合を続行することとする。

(a) 切断されたプレイヤーは、切断された試合中に再参加することができます。

4.5.3 配信される予選の試合とすべての決勝戦 - 完全な試合のリスタートは、APLモデレーションチームの指示により、特別なシナリオでのみ行われます。

4.6 交代

4.6.1 「交代」とは、試合開始後に選手のラインアップを変更することをいいます。また、チームの選手交代は1試合につき1回に限られています。

4.6.2 競技試合の観戦は、公式放送とAPLモデレーション・制作チームのみが許可されています。交代要員やコーチは、いかなる時点でも試合の観戦は認められていません。

5.0 配信試合プロトコル

5.1 プレイヤー設定

5.1.1 試合中は全ての選手が登録したニックネームを使用し、キャスターや観客に誤解を与えずに試合を追うことができるようしなければならいない。ニックネームはクリーンなものでなければならず、チームは同じパターンを守らなければなりません。ニックネームをどの程度クリーンとみなすかは、大会主催者の判断によります。

5.1.2 プレイヤーは、トーナメントのどの試合においても、承認されたチームロゴのみを使用しなければなりません。このルールに従わない場合、チームは失格となります。

5.2 試合前

5.2.1 チームの代表 - 自分たちのゲームが配信されることが決定した場合、Smashブラケットに表示されるので、APL Esportsモデレーションチームに正式に自己紹介をしなければなりません。

5.2.2 プレイヤーは試合が配信されるとSmashブラケットに配信されることが表示された場合で、APL Esportsモデレーションチームの指示があった場合にのみサーバーに参加しなければなりません。

5.2.3 全ての選手の準備が整い、APL Esports モデレーションチームが他の関係者の準備が整ったことを確認した後、試合が開始されます。これにはプロダクションチームが含まれますが、これに限定されません。

・APL Esports モデレーションチームは、第5.0項および第6.0項に該当しない理由でプレイヤーが試合開始を遅らせていると考えられた場合、試合開始を強制的に行うことができる。

5.3 試合中

5.3.1 試合フォーマットによって許可されている場合、またはAPLモデレーションチーム公式によって明示的に許可されている場合を除き、プレイヤーは進行中の公式試合から離れることはできません。

・試合フォーマットによって退場が認められている場合、プレイヤーは試合終了のスコアボードが表示された時点で退場しなければなりません。これを怠った場合、APLモデレーションチームの判断によりペナルティーが課せられます。

5.3.2 試合中に中断があった場合、APL Esports Moderation Teamが正しい対応を決定します。通常の状況下では、チームはプレイを続けなければなりません。

(a) 切断が発生した場合、人員不足のチームは直ちにゲーム内チャットでトーナメント主催者に通知してください。トーナメント主催者は4.4と4.5に基づいて最善の方法を選択します。

(b) トーナメント主催者はいつでも、理由を問わず、ゲームまたはマッチをリスタートすることができます。

(c) どのような行動をとるかは、常にAPLモデレーションチームの裁量に委ねられています。

(d) リスタート中にAPLモデレーションチームが下した裁定にチームが同意しかねる場合、そのチームは異議を申し立てることができます。異議のメモが作成され、試合は続行されます。試合終了後、チームが希望すれば5.4.1(a)が実施されます。

5.4 試合後

5.4.1 試合終了後、1.2.6で選出されたチーム代表者は、試合確認フォームへの署名を求められます。

(a) チーム代表者は、試合中に行われた裁定や結果に異議を唱える場合は、この時点で正式に異議を唱えなければなりません。これによりAPLモデレーションチームによる正式な調査が行われます。

(b) この規則5.4.1(a)を不当に繰り返し使用した場合、違反となる可能性があります。

5.4.2試合確認フォームに署名した後、すべての選手とチームは、試合結果に異議を唱えたり、正式に異議を申し立てたりする権利を失います。

 

用語集

ホームカントリー:(法的登録または長期居住の証明に関する長期ビザで証明されている)プレイヤーの主な居住地である国。

対象国/地域:インド、インドネシア、日本、サウジアラビアシンガポール